私がモテないのはどう考えてもお前らが悪いが面白い

一度深夜アニメ化もされた作品ですが、今ひとつマイナーな印象なのでご紹介したいと思います。この「私がモテないのはどうか考えてもお前らが悪い」は略して「私がモテ」。
最近は同じ略称の別の漫画もアニメ化され、そちらの方がメジャーな感じですが、本家「私がモテ」最高です。まず主人公は女子高生。彼女が高校生になったところから物語は始まります。人生最高のモテ期を期待して高校生になったものの、コミュ障っぽいオタク気質と自分から積極的に動けない性格が災いして、モテるどころか一人も友達ができず、一学期をクラスメイトの誰とも会話せずに過ごしてしまいます。こう書くと同情の余地がありそうなのですが、とにかく主人公なのに性格が悪い。中学時代の唯一の友人も、当時の彼女の見た目が大人しめで、自分が主導権を握れそうと考えて接近したほどで底意地の悪さをこじらせた勘違い女という、主人公にあるまじき設定なのです。そんな彼女も、体育祭や文化祭、修学旅行を経て少しずつ「友達?」と呼べるキャラクターが増え、いつの間にか心を癒してくれる作品です。PRサイト:淫欲の棲家